Original

化学プラントの安定稼働にも最適! ノイズ遮断交流自動定電圧装置《ノイズカットAVR™》

「プラント停止のリスクに備えたい」

 国内に複数のプラントを持つ、大手化学メーカーのG社様。化学プラントの設備担当者様が懸念していたのは、ノイズの影響で生産設備が停止してしまうリスクでした。とりわけ、生産工程の上流である、原材料の精製を行うプラントでは、ひとたびプラントが停止すれば、後工程の生産計画に大きな狂いが生じ、たとえ短時間であっても数億円もの損失が発生してしまいます。G社の設備担当者様は、このリスクを回避する良い方法は無いかと検討しているなかで当社のことを知り、お問い合わせをいただきました。



モータやポンプがノイズ発生源になる?

 化学プラントでは、様々な機器を組み合わせて自動運転が行われています。自動化の要となっているのは、自動制御を行うシーケンサや各種センサ、計測機器等です。一方で、動力系の機器であるモータやポンプ等の省エネ化のために、インバータが多数使用されています。インバータは代表的なノイズ発生源です。そのため、各種制御機器がノイズの影響により、誤動作を起こすリスクが想定されます。


高周波ノイズと電圧変動を1台で防止!

 この化学プラントで発生が想定されるノイズの種類は、インバータ等から常時発生する高周波ノイズと、大型モータの起動時に発生する電圧変動でした。これらのノイズが制御系に影響を与えないようにするために、制御用計装電源ラインにノイズ遮断交流自動定電圧装置≪ノイズカットAVR™≫を装着することをご提案しました。



 ≪ノイズカットAVR™≫の導入によって、設備停止のリスクを最小限に抑えることができ、担当者様の懸念は解消されました。他のプラントでも順次≪ノイズカットAVR™≫を導入していただきました。導入から現在に至るまで、ノイズによる機器の誤動作や設備の停止は発生していないと伺っています。


ノイズトラブル相談室からのアドバイス

① 一口にノイズと言ってもその種類は様々です。まずは種類を明確にし、最適な対策製品を使用しましょう。

≪ノイズカットAVR™≫は、電圧変動と高周波ノイズを1台で防止することが出来る装置です。

③ 今回の事例のように、ノイズトラブルが発生する前の、未然防止のご相談もお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。


ノイズ遮断交流自動定電圧装置≪ノイズカットAVR™≫の詳細はこちらから

株式会社 電研精機研究所

株式会社 電研精機研究所

コンテンツの著作権は株式会社 電研精機研究所にあります

お問い合わせ

「電源ノイズについて」「ノイズの対策」といった疑問やご質問、
何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。